[DXD] DRIFT & DIY

車のプライベート整備 サンデーメカニックを始めるには? Part.6

法定1年点検整備とユーザー車検

法定1年点検整備

法律で1年ごとに決められた内容を点検し「点検整備記録簿」に記入する事が義務付けられています。 通常は整備工場で点検整備をしてもらうと思いますが、これをユーザー自身で行う事もできます。 「主な整備項目」で挙げたような内容をこなせるようになれば、難しい事ではないでしょう。 ただし他人の車はNGです。

ユーザー車検

ユーザー車検とは、ユーザー自身が国の運輸支局等に車を持ち込んで継続検査(車検)を受けることです。 一般的にディーラーや修理工場に任せれば、高額な車検費用も、自分でやる事で法定費用と実費のみで車検を受ける事が出来ます。

手順はユーザー車検を解説したサイトが沢山ありますので、それらを参考にすると良いでしょう。 整備項目は上の法定1年点検整備がしっかり出来ている事と、保安基準に適合していれば検査には通ります。 あとは書類の用意と検査ラインの通し方さえ覚えれば自分で車検を通すことが出来ます。

メンテナンスノートを使った管理

整備した内容を記録して、管理していくという事は大変重要だと思います。 単なるノートを使ってもいいし、PCが得意ならエクセルなどを使って、項目と走行距離、年月日を記録するだけでも良いでしょう。 そうやって管理する事で、次回交換時期がわかりやすくなります。

最後に

最後になりますが、このページはこれにて終了です。 その気になればディーラーや整備工場に頼ることなく、車を維持していく事は可能ですが、それは自分で責任を持って管理すると言うことです。 このページでは基本的な事をおおまかに紹介したつもりですが、参考になれば幸いです。 どんどんDIYをして腕を上げていきましょう!

【板金塗装にも興味がある方はコチラもどうぞ!】