[DXD] DRIFT & DIY - DIYレポート(painting6)

スプレーガンを使った塗装にチャレンジしよう! step.6

磨きの作業

塗肌を見ての判断と修正

ポリッシング作業に入る前に塗肌をチェックして、本当にポリッシング作業が必要かどうかを考えます。 ウレタン塗料は光沢・ツヤがあり塗膜が均一で鏡面に仕上がるので、ゴミ・ブツの付着が無ければポリッシュの必要性は少ないです。 塗肌を見て、若干のゆず肌が気に入らない場合や、更に鏡面仕上げにしたい場合にはポリッシング作業を行なう事になります。

ゴミ・ブツの取り方を説明します。 基本的にはP1000〜1500のペーパーに当て木をして削ります。 大きなゴミやタレの場合には粗めのペーパーで慎重に取り除くか、カッターナイフの刃を立てて削り取った後、P1000〜1500のペーパーで周りとならします。 ごく小さなゴミの場合にはポリッシュ作業だけで取れてしまう事もあります。

塗膜がが不均一だったり荒れている・またはゆず肌の場合には、P1000〜1500のペーパーで水研ぎをして肌を調整します。 必要に応じて当てゴム・研磨ブロックを使うと良いでしょう。 また不必要な部分や隙間やエッジ部分(カド)にマスキングを施すと、コンパウンド汚れなどを防げますし、エッジ部分の磨きすぎにも効果があります。 隙間にコンパウンドが入ると白く固まってしまって見栄えが悪くなりますし、取ろうと思ってもなかなか難しいですよ。

ポリッシングは電動ポリッシャーを使いますが、バフには用途別に色んな種類があります。 タオルバフ・羊毛バフ・スポンジバフ・フェルトバフなど。 またバフはコンパウンド別に分けるかその都度丁寧に洗ってから使用してください、コンパウンドの性能が十分に発揮できなくなります。またコンパウンドがこべりついてきた場合は換えのバフに交換するか洗浄してから使用してください。 そしてコンパウンドは付け過ぎないように注意してください、付け過ぎるとコンパウンドが粘って切れが悪くなるだけではなく、周りにも飛び散ったりバフにもこべりついて効率が悪くなります。 3M社のコンパウンドで45cm四方の面積に対して小さじ1の分量と記載されています。 コンパウンドが乾いてきて切れが悪くなってきたらコンパウンドを足すか少し水をかけてコンパウンドの性能を引き出してやります。

AP電動ポリッシャー 3Mコンパウンド
細目
目消し・肌調整用
3Mコンパウンド
極細目
淡色車は仕上げ可
3Mコンパウンド
超微粒子
仕上げ用
3Mコンパウンド
超微粒子
濃色車の仕上げ用

ポリッシング作業

まずは粗磨きを行ないます。 ここではタオルバフまたは羊毛バフを使います。 細目コンパウンドを使ってペーパー目を消していきます。

磨き方ですがポリッシャーをしっかり持って、ポリッシャー自体の重みでポリッシャーの研磨力に任せて磨くようにします。 電源コードは邪魔にならないように肩にかけます。 またバフ面全体を均一に塗膜に当てるようにして、形状によってほんの少し(10度未満)傾けます。 また当然エッジ部分は磨きすぎやすいので注意しましょう。 そしてコンパウンドをかける順番を決めて均一に磨いていきましょう、また同じ箇所を磨きすぎてコンパウンドを焼き付けないように注意しましょう。 ポリッシング作業もこれまた経験を積んで体感して覚えていくしかありません。

次に先ほどの磨きで出来た、バフ目消しをしていきます。 バフはスポンジに変えて、極細目のコンパウンドを使ってバフ目を消していきます、磨き方は先ほどと同じです。 磨くに従ってだんだんとツヤが出てきてバフ目が消えていきます。 塗色やその人によってはここまでで十分な場合もあります。

最後に仕上げ磨きをしてツヤ出しをします。 仕上げ用スポンジバフで超微粒子コンパウンドを使います。 均一に磨きムラがないように気をつけて磨きます。 ここまですれば最高のツヤと鏡面が出来上がっていると思います。 これから更にコーティングで仕上げたならば完璧でしょう。

軽くポリッシングした例
軽くポリッシングした例
鏡面に磨きがかかります
鏡面に磨きがかかります

以上で終わりとなりますが、いかがだったでしょうか? 塗装作業は大変ではありますが、とても楽しいものでもあります。 またここで紹介したものは基礎的な事であって、実際に経験して技術をものにしていくものだと思います。 この記事があなたの塗装を始める何かのきっかけにでもなれば幸いです。